低身長コーデをアップデート!3つのポイントとコツを押さえた小柄コーデ15選♡

もう悩まない!スタイルアップが叶う低身長さんの着こなしポイントとは?

point1.「基本の3首」のどれかを見せて抜け感を出す

出典:Pierrot

「3首」とは、首・手首・足首のこと。
季節を問わず、この中のどこかを見せるようにスタイリングすることで、コーディネートに抜け感と軽やかさが出るので、低身長さんでもバランスが良く見えます。

Point2.ボトムスはハイウエストで脚長効果を狙って

出典:Pierrot

ハイウエストのボトムスに、トップスをタックインすると脚長効果がグッと上がります。低身長さんにぜひおすすめのテクニックです。

Point3.カジュアルに使えるヒールシューズを味方につける

出典:Pierrot

ヒールシューズはやはり低身長さんには心強いアイテム。
苦手な方は2〜3センチのローヒールのものから、カジュアルに取り入れてみましょう。

シーズンムードが高まる!低身長さんにおすすめ春夏コーデ

スリット入りロングワンピース×スキニーデニムでトレンド感溢れる縦長カジュアルコーデ

出典:Pierrot

今っぽいリラックス感が魅力的なロングニット。
着丈の長いアイテムは、低身長だと着られてしまっている感じになるのでは?と思うかもしれませんが、こちらのようにストンとしたIラインのシルエットであれば縦長を強調することができます。

スリットから覗くスキニーデニムで全体を引き締めれば、トレンド感溢れる縦長コーデの完成です。

デニム×ふんわりブラウスは裾をインしてすっきりとスタイルアップ

出典:Pierrot

汎用性の高いベージュのふんわりブラウスは、デニムと合わせるなら裾をインしてすっきりと着こなすのが低身長さんの正解コーデ。
さらに足首・手首をしっかり見せることで、一層スタイルアップを演出することができます。

シンプルコーデなので、ブレスレットなどでスパイスをひとさじ加えるのも素敵です。

ボーダーカットソーを無地ボトムと合わせて、上半身に目線を集める低身長さんの春夏大人カジュアルコーデ

出典:Pierrot

春夏に着たくなるボーダーカットソー。低身長さんがコーディネートするなら、ボトムスなどは無地のものを選んで上半身に目線を集中させると低身長を感じさせにくいです。
長袖であれば少し腕をまくって、手首を見せるとさらにバランスの良いスタイルが出来上がります。

少し短めにかけたショルダーバッグもスタイルアップに一役買っています。

ベージュリブトップス×ミントカラースカートでトレンド感溢れる春夏低身長コーデ

出典:Pierrot

淡めカラー、リブなど、今年のトレンドがさり気なく詰まったコーディネート。低身長さんが着こなすポイントは、やはり裾にタックインすること。
スカートの色が淡めの膨張色でも、高めの位置でタックインすれば軽やかにスタイリングが決まります。

さらにヒールシューズを合わせて颯爽とスタイルをきめましょう。

トレンドのパンツセットアップも、トップスのタックインでウエストにポイントを付ければ低身長が気になりにくい

出典:Re:EDIT

パンツセットアップはおしゃれに見えるマストアイテムですが、低身長さんは敬遠しがちなアイテムの一つ。
上手なスタイリングのポイントは、まずウエストにトップスをインしてポイントを作ってあげることです。シルエットにメリハリができます。

さらにバッグやシューズにデザイン性のあるものを選べば、のっぺりとした印象にならず、綺麗にパンツセットアップを着こなすことができます。

Aラインマキシ丈スカート×リブタンクトップで大人らしい華やかさ溢れる春夏低身長コーデ

出典:Re:EDIT

意外に思われるかもしれませんが、マキシ丈スカートは低身長さんが可愛く着られるアイテム。チョイスのポイントは、Aラインシルエットであること。
生地に分量があるので華やかですし、体のシルエットが見えにくいメリットがあります。

トップスにはすっきりとしたリブのタンクトップを合わせれば、トレンド感も併せ持った大人らしい上品な華やかコーデの完成です。

重ね着でおしゃれ度アピール秋冬低身長コーデ

ドット柄長袖ワンピース×カーディガン肩掛けでエレガントな低身長秋冬コーデ

出典:Pierrot

オンオフで使えそうな細かいドット柄の長袖ワンピース。

1枚でさらっと着るのも素敵ですが、低身長さんならではの工夫をするならば、カーディガンの肩掛けがおすすめです。
カーディガンにより目線が高く集まりやすいので低身長を感じさせにくい上、大人の女性らしいエレガントな雰囲気を演出できます。

デニムジャケットはショート丈かつゆるめシルエットをチョイス

出典:Pierrot

何かと着回しが利くデニムジャケットは1枚持っておくと便利なアイテム。

低身長さんがチョイスするなら、ショート丈かつ、ふわっとゆるめのシルエットのタイプがバランス良く使いやすいです。
襟を抜いたり、ラフに腕をまくって手首を見せて、こなれた印象を出しましょう。ストライプのマキシスカートとも相性抜群。

秋冬アウターの鉄板・トレンチコートはベルトの位置が高ければ低身長の強い味方に

出典:Pierrot

トレンチコートは流行り廃りがなく、様々なシーンで使える秋冬の鉄板アイテム。

低身長さんにおすすめのトレンチコートは、ずばりウエストのベルトの位置が高めにデザインされているタイプです。
高めの位置でキュッと結び、シルエットにメリハリをつけることで、着られている感なく綺麗に着こなすことができます。

シャツワンピ×ニットベストでワンランク上のおしゃれカジュアル秋冬コーデ

出典:Pierrot

春夏に活躍したシャツワンピースは、ニットベストをプラスしてワンランク上のおしゃれを楽しむのが今年の気分。

シャツの襟は2つほどボタンを開けて開襟すると一層こなれた印象になります。
ここでも首・手首・足首を見せることで、重ね着しても軽やかな印象のスタイルに仕上がります。

アイボリーのワントーンスタイルを濃色ロングカーディガンで低身長でもOKなスタイルアップ秋冬コーデに

出典:Pierrot

ひざ下まで着丈のある濃色のロングカーディガンは、膨張して見えがちな淡色のワントーンスタイルも一気にスタイルアップさせてくれます。
羽織るだけで縦長感が強調される低身長さんの味方アイテムです。

チェックマフラーでIラインを強調すれば、秋冬のアウターコーデも難なくこなせる

出典:Pierrot

重ね着やアウターで重たく見えがちな秋冬は低身長さんの天敵ですが、1点投入でスタイルアップさせてくれるのがチェックのマフラーです。
結ばずシンプルに肩にかければ、縦長なIラインを生み出してくれます。さらにストールのような少し大判なものを選べば小顔効果も期待できます。